Home> 皮膚科医化粧品ランキング

皮膚科医のシミ美白対策は?

美白 皮膚科医

シミ・美白対策は自宅でも可能

皮膚科医のシミ・美白対策はハイドロキノンも使用されます。

しかし、シミ美白は病気ではないので保険対応にはなりませんのでコストは思ったよりかかってしまうかも知れません。

美容皮膚科などに行くのは面倒だし、どうせお金がかかるなら、皮膚科医がオススメしていたり開発している化粧品を通販で購入して自宅で簡単にシミ・美白対策を行った方が簡単ではないでしょうか?

皮膚科医も使用ハイドロキノンの注意

ハイドロキノン通販で購入を考えてはいるものの気になるのが安全性と効果ではないでしょうか?

このハイドロキノン濃度が強すぎるとお肌が危険ですし、濃度が低すぎると効果がないと言われています。

ではどれくらいの濃度が安全でかつ効果が見込めるのでしょうか?

1%〜2%は効果が緩やかですけどあまり効果が見込めないと言われています。

2%〜5%は多くの皮膚科でも処方され適切な濃度とされています。

5%以上はお肌へのダメージも大きいので一般的にはあまり処方されません。

皮膚科医がオススメしていたり開発している化粧品でオススメは?

美白 皮膚科医

低濃度なハイドロキノンなのに高濃度と同じ効果が見込める化粧品なら安全なのに効果が見込めます。

または、ハイドロキノンの刺激を徹底的に抑えた安全なハイドロキノンなら濃度が少々高くても安全です。

刺激を徹底的に抑えた安全なハイドロキノンをお探しこちらビーグレンは皮膚科医も絶賛!大人気

ハイドロキノンは不安、代りの成分を使いたいこちらα-アルブチン詳細

お肌の基礎体力を改善しキレイになりたいこちら弾むようなキメ・ハリを

ハイドロキノン注意点

酸素や光・熱に弱い

ハイドロキノンは非常に不安定な成分ですので光や熱や酸素の影響で変質しやすいのです。変質されたハイドロキノンは構造が変化してしまい、美白効果が減少するだけならまだ良いのですが、お肌に刺激を与える物質へと変わるので注意が必要です。

ハイドロキノン使用中は、日焼け止め(サンスクリーン)などを使用し、紫外線に当たらないようにします。一般的には夜寝るときに使用する方が多いですね。

刺激が強い

ハイドロキノンの刺激が強すぎたり、お肌に合わない場合はお肌が「赤くなる」「皮が剥ける」「乾燥する」「ただれて水泡できる」などの症状が表れる場合がありますので使用する前にパッチテストをすることが大切ですよ。

ハイドロキノン特長

光や熱や酸素の影響で変質しやすいので冷暗所で保存

皮膚科などでも処方される

実は浸透しづらいのでビタミンAと併用するのが良い

ハイドロキノンは、妊娠中に使用しても問題ないと言われています。

高濃度のハイドロキノンを長期間使用すると副作用として白斑ができることがあると知られています。

ハイドロキノンが有効:炎症後や老人性のシミ・ソバカス茶色いほくろ・ニキビ

ハイドロキノンが無効:黒いほくろ.生まれつきのあざ・老人性疣贅・ニキビの凹凸

Copyright © 皮膚科医化粧品ランキング All rights reserved