Home>皮膚科医化粧品ランキング

皮膚科医の化粧品ニキビに良い成分は?

皮膚科医 ニキビ

最新のニキビ治療は?

ニキビとは、毛穴が皮脂や汚れで詰まる事で発生します。

皮脂の分泌量を抑える、ターンオーバーを促進さす、もしくは、アンドロゲン(男性ホルモン)が多く分泌される事を改善さす事でニキビを無くしていきますが、どのような原因を改善していけば効率的にニキビを除去さすことができるのでしょう。

研究ではリン酸ビタミンC誘導体、新型ビタミンC誘導体(APPS)などビタミンCが皮脂の分泌量を抑えるのにとても有効度が高いという報告があったそうです。

しかし、個人個人お肌の状態は違うわけですし、アンドロゲン(男性ホルモン)が多く分泌される事が主たる原因でニキビが出来た人はホルモン治療の方が効果は高いのではないでしょうか?

東京で人気の皮膚科、「池野皮膚科」と「相澤皮膚科」はリン酸ビタミンC、とホルモン療法と互いに特徴が違います。あなたならどちらを選びますか?

「池野皮膚科」は現在初診の方お断りしているので、「池野皮膚科」で人気のVCローション(リン酸ビタミンCが主成分)は診察受けた方でしか購入できません(初診もできないので無理です)がフラセラやドクタープロダクツ、ビーグレンも評判ですよ。ちなみに、日米共に人気NO1のニキビケア商品はプロアクティブですが、サリチル酸、レチノールの副作用が心配なのでお肌が敏感な方にはオススメできません。

皮膚科医の化粧品ニキビ対策方法

ビタミンC:ニキビの原因のアクネ菌は紫外線の影響で大量の活性酸素を発生させ、皮脂を酸化させます。そして毛穴を詰まらせニキビの誕生です。ビタミンCはその活性酸素を強い抗酸化作用で除去します。また、ビタミンCにはニキビ跡の色素沈着を防ぎますのでニキビケアには不可欠です。

イオウ:日本のニキビ治療の代表的成分。ニキビ向け商品の多数に配合されています。しかし、油分を吸着する性質があるため乾燥し、余計にニキビが悪化する人もいます。

ピーリング:グリコール酸、乳酸などのAHAやサリチル酸などを顔に直接塗り、肌のターンオーバーを正常に導き、厚くなった角質層を調整します。毛穴の詰まりを直接取り除くという方法ですが濃度が強すぎると刺激が強すぎます。

ホルモン剤療法:ホルモンバランスの崩れが原因のニキビにはホルモン剤療法が有効です。ただし、ホルモン治療は副作用などがあるので、医師の説明を十分に聞き、納得した上で治療を受けるようにしましょう。

面皰圧出(めんぽうあっしゅつ):炎症がない状態のニキビを圧迫して毛穴のなかにたまっている皮脂や角質を押し出す治療です。膿を持ったニキビは早くつぶして中身を出すべきできですが、つぶし方を誤るとニキビ跡がひどくなってしまうので医療機関の施術が賢明です。

内服療法:漢方薬、ビタミンB2・B6、ビタミンC、パントテン酸などがよく処方されます。しかし、内服薬でニキビが完全に治るケースはまれですので補助療法とお考え下さい。

皮膚科医の化粧品それぞれのニキビ対策方法

ビタミンCが良さそうこちらビーグレンは皮膚科医も絶賛!大人気

最新のニキビ治療はビタミンCが有効であるとされています。そして内服薬よりも直接お肌に直接塗るほうが効果的だと言われていますが問題が1つ。ビタミンCは真皮まで浸透しないという事実。その問題をクリアーした浸透するビタミンCは皮膚科医絶賛のビーグレン。また、天然クレイも人気です。

ピーリングが良さそうこちらフラセラ クリアソープ

防腐剤・界面活性剤 不使用の天然の素材のフルーツ酸(AHA3%)濃度が強すぎると刺激が強すぎますが毎日使えるピーリング石鹸です。

ホルモン剤療法が良さそうこちらHIN Dr.AI化粧品

どうしても治らないニキビに悩んでいる方は一度ご覧下さい。ホルモンバランスの崩れが原因のニキビ治療はほとんどの医療機関でも行っていませんのであなたのニキビはこちらで解決するかも知れません。

その他面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)などが良さそうと思った方は、最寄の医療機関をお探しください。

ニキビ体質は遺伝するの?

皮脂過剰の遺伝

ニキビの原因のひとつに皮脂過剰の遺伝が原因ではとお考えになったことはありませんか?確かに医師のニキビ書籍にはニキビには遺伝的な要素があると書かれています。しかし、医学的にも科学的にも証明されているわけではありません。ニキビの原因は両親にあると恨むより前向きにニキビ対策に取組むことの方がよほど大切です。皮膚科医が開発した化粧品は効率よくお肌のトラブル解消の手助けになるでしょう。

池野皮膚科のvcローションがニキビに効くと評判ですが通販では購入できませんし、新規の患者も受け入れていないようですので別の方法を探さなくてはいけません。しかし、池野皮膚科以外にもホルモンバランスの相澤皮膚科は予約待ちで人気ですし、皮膚科医絶賛の国際特許の浸透テクノロジーのビーグレンも評判です。また、女性皮膚科医の開発したフラセラはお肌に優しく安心です。しかし、ニキビは様々な原因が複雑に絡み合っているので治療は困難で、皮膚科医の開発した製品であっても、もしかすると効かない方法やニキビが悪化する方法を試す可能性もありますので自分にとって何が一番ベストか見極めなければなりませんね。

Copyright © 皮膚科医化粧品ランキング All rights reserved